Google Blogger Advent Calendar 2019企画エントリー「1ヶ月とこれから」

今日はとあるイベント(Google Blogger Advent Calendar 2019企画エントリー)に参加させて頂いたのでその内容に沿ったエントリーになります。

12月2日は「ふじやん。」さん

ふじやんのブログ履歴書 (Google Blogger Advent Calendar 2019)

ブロガラー仲間のキリエさん (@salaky_) がこんなちょっと楽しそうなイベントを企画されました。 今回のイベントを簡単に説明しますと、 ...


私は12月3日に再度エントリーをさせて頂きました。

イベントありきだと思われても困るのですが、そうは言ってもなるべく当サイトのテーマに沿ったお話にしたいと思います。

・・・そうですね、Bloggerの事と、アドセンスの事と、ブログの事とか、色々ごちゃまぜなお話になりますが、ご容赦下さい。


Google Blogger Advent Calendar 2019企画エントリー「1ヶ月」

ブログをはじめたきっかけとBloggerとの出会い

まず、私がブログをはじめたきっかけですが、これも当サイトに少し触れているのですが、簡単にいうと「収益」です。

動機が・・・、まぁ不純なのですが、そういう方も多いと思います。

収益がきっかけといえども、最初は日記系で・・・というより「得意な分野」や、「やってみたい事」で進めるとしました。
そして「童話・絵本」のサイトで収益化しようと考えました。

続いて「どうやってサイトを構築するか?」という部分を悩みました。

出来ればドメインの代金、つまり「運営費用をかけずに済ませたい」という気持ちがありました。
そこで、たどり着いたのがBloggerです。

・簡単にサイトが作れる
・費用がかからない
・アドセンス申請が出来る

という安易な考え(不純な思い)でBloggerの門を叩いた訳です。

これが私のBloggerデビューの経緯です。

しかし、安易にはじめたブログです。
アドセンスの通過はそう簡単では無かったのです。

そもそも論で言うと、独自の創作コンテンツでアドセンス申請は少し不向きですしね。

価値の低い広告枠??漫画コンテンツでアドセンスの審査について

公開日:2019年3月20日 アドセンスのヘルプフォーラムを時々覗いては、サイトの向上に役立ている筆者です。 本日は、ヘルプフォーラムの質問に時々見かける「漫画コンテンツとアドセンスの審査」についての考察です。


こうして審査の申請を開始したのですが、一向に進展が有りません(返事が無い)でした。

そして、もう1つのそもそも論ですが、なんせブログ初心者です。
サイト運営も、アドセンス申請も、右も左もわからない人間です。

自然にネットの海を彷徨い、色々な記事を読んでは試すという旅になりました。



ブログを通じて知ったウエブの世界

そんな大航海中(大げさ?と、言いますか今も大航海中!)にたどり着いたのが、当サイトで何度もご紹介している「アドセンスヘルプコミュニティ(旧フォーラム)」です。

この場で知った情報、知識・・・。
まさに宝の山です。(そう、まさにワンピース!)

これは今の複数のサイトの基礎として大きく活用させて頂いております。

運営の右も左もわからない人間が(今もそうですが・・・)、自分のお店のサイトを構築から始め、運営という事をそれなりに出来ているのですから、「フォーラムが礎」といっても過言ではないですね。


そして得た知識の実践の場は「Blogger」です。

このBloggerの凄い所は、完全無料なのに、ほぼ何でも安易に出来てしまう事だと思います。

コピペでHTML追加(実は今でも内容はよく分かっていないのですが・・・)、それにごく簡単な装飾位なら分かる様になってきたのは、「弄ってナンボのBlogger」のお陰だと思います。

つまり「安易にサイトの構造改善(改ざん)が出来るBloggerでサイト運営」というものが無かったら、今の私が無かったという事にもなります。

Bloggerが無ければ、色々なものを吸収・経験する機会も少なく、今現在の「ウエブ世界での自分は居なかった」とも思うのです。


Bloggerを通じて出会った人たち

そして、Bloggerで得たもうひとつ大きな要素。

「人との出会い」です。

本当に色々な方に影響を受けているのですが、全員はご紹介出来ないので、Blogger縁の深い方を時系列的に少しお話させて頂きます。

sakura gioikoさん

まず、最初はsakura gioikoさん。

アドセンスコミュニティを通して、同じ時期にアドセンス申請をしていたと思われる(違っていたらすみません)方なのでとても気になっていました。
というのもGoogleのサービスを使い倒していく奮闘記(Bloggeを使い倒す)というサイトのオーナーさんだからです。

なので勝手に手本にしてサイト運営に励んでおりました。

余談・・・ではないのですが、Google+コミュニティ「Blogger初心者の集い」というものを立ち上げていらっしゃいました。
今はGoogle+が閉鎖になったので自然に解散のような形になってしまいました。
私は参加させて頂いたものの、結局使い方がよくか分からずに深く集え無かったと記憶しています。

この辺りは今でもそうで、使い勝手がわからないものには深く参加出来ない人間のようです・・・。


Chicoさん

そしてもう一人、アドセンスコミュニティを通じて出会った方。
私が勝手に先生と呼ばせて頂いているあの方です。

Chicoさんです。

先生はヘルプフォーラムの先生でもあります。
私が先生に質問をして、答えが得られない事は皆無ですね。

先生にはサイトの運営から基礎から考えかたやら・・・あれからこれまで。
本当に色々とお世話になっている、一言では表現が出来ない方でいらっしゃいます。

特にサイトの方向性や、運営部分の根幹に近い部分は「全て影響を受けている」といっても過言ではありません。


ふじやん。さん

続いてふじやん。さん。
出会いのきっかけは定かでは無いのですが(大変失礼なお話かもしれません。ふじやん。さんすみません。といっても、きっと心が広いので許してくれるだろう・・・)気がつけばかなり仲良くさせて頂いておりました。

ふじやん。さんもBloggerさんです。
そして「(ジーク)#ブロガラー」の生みの親なのです。

この「ブロガラー」という言葉、詳細はふじやん。さんのエントリーをご覧頂ければよくわかります。

「ブロガラーとは」ふじろじっく

とても簡単に言うと・・・

「Bloggerで

ブログ書く人

「ブロガラー」」

という標語のような雰囲気です。

私のこういう悪ふざけを親戚のお兄さんの様にあたたかく見守って下さる方ですね。

というと、「面白い人」なだけだと思われては困るのですが、この方も、もの凄い知識量をお持ちの方で私なんかでは到底敵わないお人でいらっしゃいます。

そして「Blogger繋がり」はふじやん。さんが居なければあり得なかったとも言えます。


Kyrie(キリエ)さん

最後はKyrie(キリエ)さんです。

Google Blogger Advent Calendar 2019企画エントリーの発案者さん、代表でもあります。

この方に関しては何も言いますまい・・・。

いやいや。

まぁ簡単にいうと私にとっては風を運ぶ人です。
なので、近くにいるように感じていたのですが、やっぱり遠い方でした。

今回の企画にしてもそうですが、私に新しい風を吹きこんで下さる方なんだなぁ・・・としみじみ感じてしましました。

Kyrie(キリエ)さんのブログ「涯てお茶」に触れて頂けたら一番良いのかなぁ?と思います。

ブログって、そもそもこういうものなんじゃないの?って。
アドセンスありきのお役立ちコンテンツブログで本当にいいのだろうか?って。

最終的に決めるのは自分ですが、こういう世界もあるんだって。

「むしろブログは、こっち(Kyrie(キリエ)さん)側が正解なのでは?」と考えてしまうようなサイトです。

そうですね・・・。

Kyrieさんのブログが役に立つとか立たないとかの話では無く、一番大事な「独自目線」や「その方の価値観の見せ方」の部分が考えさせられるという事ですね。

自分が正しいと思っていた事や根拠について改めて考えさせられるというか・・・。まぁ、Kyrieさんのブログに触れて下さい。



1ヶ月

という事で、今回はお役立ちコンテンツというエントリーでは無く、いつもと少し趣旨が異なる記事になりました。

そして1ヶ月というタイトルですが、実は私が個人事業主になって12月3日で1ヶ月になります。

会社員辞めたんですよねぇ(笑)

というと、「ブログで稼げる様になったんですか?」と聞かれると困るのですが、ブログで生計を立てる労力というのは簡単では無いとだけ言っておきます。

それに個人事業主って大変です。(会社員の方がまぁ、楽な部分が多いような気がします。)

もちろん、新しい仕事を始めたキッカケはリアルな人との出会いが大きいです。
が、こうしてウエブの世界で見知った事も少なからず影響しています。(比較的大きいのかもしれません。)

まぁ、そうですね。

何かを発信したい、誰かの役に立ちたい願望が大きくなったので、会社員から違う職種に就いたのだと思います。

(あ、会社員だから役に立っていないというお話ではないですよ!!
私が営業事務員として、現場やお客様とは直に関わりながらも、面するという事がない、顔が見えないという部分で実感が薄かった・・・というだけのお話です。)

実は新しいサイト、つまり新しい職業のお店のホームページですね。
これはWordPressでたち上げました。

お店のサイトというのは、業者さんにまかせるのが一番良いとは思うのですが、実はこれもやってみたかったのですね。(どうせ維持していくのは私だ!という強い意気込み・・・)

Bloggerである程度構造は理解しているし、出来るだろうという安易な考えではじめたというのも大きいですけどね。(何でも安易に考える楽天家・・・)

まぁ、自己満足というか、自己責任が性分にあっているので、サイトの構築と運営は楽しんで行っています。

それとある職業に就いた(プロになった)事で、気がついたのは、「プロ目線で記事を書くことが一番の重量コンテンツだなぁ」です。

なので、アドセンスを始める方で、あまり知らない知識や見知った話でコンテンツを重ねても正直プロには敵わないと思います。

世の中にはその道のプロがウエブで情報を発信している事が多いのも事実です。

そしてこういった根拠や実践の絡んだお話をブログ式で更新しているサイトが、検索の上位に上がってきます。

「アドセンスが簡単に稼げる説」を否定する訳では無いですが、基本的にはこうだと考えています。

さらに言えばそのプロの方も自分のサイトを検索上位に上げる為にどんどん重量コンテンツを上げていきます。

安易に稼いでるという人は、「選ばれた人」か、「物凄いスキルの持ち主」か、「そう言って餌を付けて釣り糸を垂らしている人」なんじゃないかと思います。(独断と偏見)


ですので・・・という訳では無いのですが、Kyrie(キリエ)さんのサイト。

やはりブログの基本形はこうだろうなぁとも感じるのです。


これから

さて、ブログって何でしょうね。

アドセンスで収益を得るツールとして使用したい方、している方も多いと思います。

私の様に、等身大で運営しているサイトがあったり、好きな事をしていたり、お店の宣伝として利用していたり、誰かの為にと書いていたり、自分の為に書いていたり・・・。

これという、正解は無いと思うんですよね。

でも、基本的に大事な事は「好き」だと思います。

「好き=熱」みたいな。

ですので、という訳では無いのですが、ブログは「自分の好き」をアウトプットするツールとして使うというのが一番良いのかなぁ?と思います。

出せば出すほど、新しい何かが入ってきます。

誰かが運んでくる風を感じる事が出来ると思うんです。

私も誰かに何かを運ぶ為に、ブログを続けていこうと思っています。

自分らしく、等身大で、好きな事を続けて行きたいのです。

12月4日は、Kyrieさん

Google Blogger との出会い #ブロガラー2019

ぜひ、Kyrieさんワールドに旅立って下さい!


コメント

ふじやん。 さんの投稿…
さんがつさん、こんにちは。
楽しく読ませていただきました。

ブログを始めるきっかけ、私は単なる日記だったりコミュニケーション目的だったりしましたけど、やはり今どきは「収益化」が目的で始められる方が多いですよね。
私は相変わらず収益化とかは興味はないですが、さんがつさん繋がりでそういういう方々との交流の機会も増えてきてて、カスタマイズ等で意外と参考になる情報も得られたりしてます。

出会いのきっかけ・・・うーん、何でしたかね(笑)
sakuraさんとか Chicoさんとお話されてるのを時々お見かけしてて、どこかの会話に横入りしたとかだったかな。
なんだか随分前から知り合いだったような気もしますけど(笑)

「ブロガラー」の普及もそうですが、今回のイベントの盛り上がりもさんがつさんのイラストの功績が大きいと思いますよ。
いつも素敵な花を添えて頂いてほんとに感謝です。

新しいお仕事の成功もお祈りいたします。
さんがつ さんの投稿…
ご本人登場!みなさま、ふじやん。さんがコメントを残して下さいました。
ありがとうございます!
そうですね、私のブログの開設動機は胸をはって言える事ではないのですが、お陰様で色々な事を吸収させて頂きました。bloggerと出会えて本当に良かったです。
収益は有る意味目標なので、それを目指して改善する事は素晴らしいと思っています。

出会いのキッカケは私も謎です。うーんそうですね、やはり遠い親戚なんでしょうか?(笑)

私はグーグルさんの手先では無いのですが、bloggerっていいですよね。だって簡単なんですもん。色々とシンプル過ぎる事もありますが、それがかえって無骨(ヒロシキャンプ風)で良いと思います。

今回のイベントは本当に楽しんでおります。イラストも描かせて頂き、感謝です。

新しい仕事は本当にこれからで、まだまだなのですが、自分らしく地道にやっていきます。ありがとうございます!